顧客管理機能 Customer

スクリーンショット 2022-03-08 16.42.53

お客様情報の全てをDigima内に集約

顧客と営業担当者とのやりとりが、時系列でタイムラインに蓄積され、クリック履歴や通話履歴、メールの履歴などが一括表示されます。営業担当者は、伝えるべきタイミングでお客様の興味・関心のことを推測しながらコミュニケーションを取ることが可能になります。

スクリーンショット 2022-01-25 22.48.59

営業担当者を自動割り振り

お客様に電話やメール、SMS(ショートメッセージ)での連絡を行うと、Digimaが自動的にその営業担当者を該当お客様の担当者として割り当てます。そのため、他の営業担当者が同じお客様にアプローチをすることを自動的に防いでくれます。

スクリーンショット 2022-03-09 21.52.11

顧客ステータスを細分化し管理

お客様によっては、今すぐのコミュニケーションが必要な場合、そうでない場合があります。自社の業務内容に合わせて、お客様の状態を顧客ステータスとして管理、フィルターをかけることにより、お客様のそれぞれの状況に合わせた営業活動を行うことが可能です。